MENU

深圳へ商談 - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

深圳へ商談

カテゴリ: 社長ブログ 公開日:2009年08月25日(火)
bc493f8e8515ee41b276cf762386b1e4.jpg 上海へ戻ってホッとする間も無く、今日は朝7:50上海虹橋発の深圳(シンセン)行きで出張です。今回の目的は、上海公司でイオンさんと青島・香港・北京の3社ジャスコさんとお取引頂いているのですが、深圳にあるイオンチャイナさんだけお取引がありません。 中国イオンさんは4社に分かれていているのですが、基本的には4社で合同商談を行っていて、数年後にはスケールメリットを生かす為に、全て合同での仕入になるのかもしれません。当社も合同商談に参加した事もあるのですが、深圳にあるイオンチャイナさんとはまだお取引はありませんでした。 再度ご商談のチャンスを頂いたので、頑張って来たいと思います。 商談の後に電車で国境?を超えて香港に宿泊予定です。 上海に戻ったので上海の話題です。 写真は6月27日に倒壊した上海の建築中のマンションです。日本でも一部報道されていました。未だに上海では話題と問題になっています。 面白いのは、写真のように倒壊したにも関わらすガラスが一枚も割れていなかったので、このガラスメーカーの問い合わせが殺到したらしいです。 それから、このマンションは完売だったらしいのですが、販売した業者は購入金額の返却はするらしいのですが、購入者の要求は、既に購入時より価値が上がっているので、その分も返金しろ!と要求しているらしいです。 日本人なら、購入した金額が戻るなら諦める気がしますが、中国の方は自分の要求は諦めずに団結して要求します。 これは、国民性の違いですね。