MENU

上海人のマナー - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

上海人のマナー

カテゴリ: 社長ブログ 公開日:2010年01月27日(水)
昨日は、朝一番に日本スタッフをホテルに迎えに行き、上海郊外の検品工場とその近くにある5本指靴下 の生産工場を見学した後に、浦東空港へ行きました。 関西空港からのお客様をお迎えした後に、私と上海スタッフは、東京からのお客様と一緒に1泊2日で、 浙江省慈溪市に来ています。 今日の写真は、宿泊した慈溪新錦天大酒店(ツーシーシンジンティエンホテル) 万博を前に、上海人のマナー改善運動をしているのですが、なかなか習慣は変わらないようです。 先日、上海の下町へ見学に行くと、上海市の条例で禁止になった筈のパジャマ姿での外出でしたが、数名の 女性がパジャマ姿で歩いていました。 それから、私が日本ではじめて中国語を勉強した時に、女性に対して小姐(シャオジェ)と呼ばないように と教えられたのですが、実際上海で生活していると、店員さんの女性や飛行機のCAにも小姐と普通に呼ん でいるのには驚きました。 中国の東北地方(北京方面)では、小姐と呼ぶのは、水商売や娼婦に対して言うらしく嫌がられてしまう事 は、上海人も知っているのですが、習慣はなかなか変わらないみたいです。 ちなみに、私は飲食店員さんには、服務員(フーウーユェン)と呼ぶようにしています。 当社の上海スタッフも多少気にしているみたいで、先日女性店員さんに小姑娘(シャオグーニャン)と呼ん でいましたが、小姐と大声で叫んでいる方が似合っている気がしました。 私も小姐という呼び方に慣れていたんだなと思いました。face01b506e679c313cf76a474eb41156da0cd.jpg