MENU

面倒な車の手続き! - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

面倒な車の手続き!

カテゴリ: 社長ブログ 公開日:2010年03月24日(水)
71db791e88c5a5028aec95124e051cd8.jpg 昨日午後から、下取りに出した車の手続きが終わり、仮ナンバー(ナンバープレート無し) 状態から、ナンバーを取得する手続きに行かされました。 最初に車を購入した本田のディーラーへ行き、そこから手続き仲介業者さんの後について、 車の検査場へ!新車なのになんで今更車の検査なの?まあ中国の決まりですからと諦め 少し待った後に何をするかを見ていると、今回購入した車が、動くのかという検査と ライトが点くか程度の簡単なテストをしていました。 こんな検査必要なの?と思う程度の待った時間を除けば検査自体は3分で終了です。 この後にまた移動して5km程度離れた場所に行き書類を提出した後にやっとナンバー の番号選びをしました。 直ぐにナンバーを取り付けてくれると思ったら、なんと宅急便に住所を書かされて、 3日以内に送って来るので自分でナンバー取り付けろ!?と言う事です。 日本なら全部ディーラーでやってくれる事だと思うのですが・・・ 本田のディーラーから他にも一緒に同じ手続きしている人もいたので、中国で車の買換え は皆こんな面倒な事を自分でやらされるみたいです。 前回は購入だけだったのでナンバーが付いた状態での納車でしたので分かりませんでした。 中国では、外資企業に対して資本金の金額によってナンバーを無料で提供する優遇政策が あり当社は1枚無料でした。(ナンバー価格がオークション) 上海ナンバーは一時より安くなりましたが、現在でも日本円で40万円以上します。 だから、買換え手続きがこんなに面倒なのかもしれないと勝手に解釈しました。 ところで今日は、一旦帰国して本社へ行き、明日からお客様とベトナムへ出張です。