MENU

香港にやって来た! - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

香港にやって来た!

カテゴリ: 移動日 公開日:2011年06月17日(金)
1afa18369269d7ecaee89475342519d7.jpg 半年ぶりに香港へやって来ました。 香港へ来ると毎回思うのが、中国に返還されても結局何も変わっていない事ですね。 今でも中国からの出入国手続きが必要だし、商品を送るのも輸出扱いになるし通貨も香港ドルのまま 形式的にイギリス領土では無く中国になったという事だけなのでしょうかね。 私は、日本人なのでいつでも直接で香港へ何度でも入る事が出来るのですが、同じ中国なのに上海・北京・ 武漢・深浅等の大都市戸籍の中国人でないと直接個人では香港に入る事が出来ません。 従って江蘇省南通市出身の当社スタッフは、上海から一旦深浅へ行き国境にて旅行団体扱いにする手続き を別途料金を払い毎回香港へやって来るのです。 中国は、戸籍にも差別があり街戸籍・と田舎戸籍に分かれていて、これによって雇用条件まで変わります。 南通市出身の当社スタッフ街戸籍なのですが、地方都市なので香港直接はNGなのです。 わざわざ地元に戻って手続きをしてパスポートとは別の香港と澳門へ行く為だけの入境証を貰っているのに 直接香港に入れないなんて・・・(上海から団体旅行で来ればOK) こんな差別日本なら大変です。 日本に例えると、東京で働いている宇都宮出身の人が、沖縄へ仕事に行く為に、宇都宮の役所に戻って沖縄 入境証を発行してもらい東京に戻ってから一旦鹿児島へ行き料金払って団体旅行手続きを取ってからフェリー で沖縄へ行かなくてはならない。 でも、東京出身の上司は簡単に沖縄に直行便で行ける! ざっとですが、こんなイメージです。 中国の田舎者は大変なのです。