MENU

3D立体ペットボトルカバー - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

3D立体ペットボトルカバー

カテゴリ: 横浜 公開日:2014年10月10日(金)
大型台風19号の接近が気になりますが、秋の行楽シーズン到来ですね。 レジャーに出掛けペットボトル飲料を持ち歩く事も多いと思います。 ペットボトルを直接バックへ入れると水濡れが気になりますが、カバーが有れば見た目もとても可愛い し水分を吸収してくれるので一石二鳥です。 今日の写真は、三笠奈良工場生産の3Dペットボトルカバーで、イタリアのサンジャコモ社製 Xマシーン 96本という特殊な編機にて生産しています。 この機械は生地を3D立体に編む事が出来るので、耳や手足などをリアルに表現する事が可能です。 日本一の靴下の産地である奈良県でも、このXマシーンを保有している工場はごく僅かしかありません。 Xマシーンを使った靴下・ペットボトルカバーの生産をお考えの方は是非三笠へお問合わせ下さい。 お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html ba838d6f8556b6bd1cbc08eb04bd67a4.jpg 三笠奈良工場の技術者が、島精機さんで行われていた2週間の機械研修から戻って来ました。 三笠では、新ものづくり補助金を使って島精機さんの横編機を始めて導入するの為に、横編機について 基礎から実用までを学んできました。 機械が導入された後は、島精機さんの技術者の方が三笠奈良工場に来て指導もして頂き、技術者が横編 機械の取扱いに慣れた後に、再度島精機さんで行われる研修に行き、応用について学ぶとの事です。 今後の三笠奈良工場による新商品開発の大きな力になると思います。