MENU

南シナ海の仲裁裁判決 - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

南シナ海の仲裁裁判決

カテゴリ: 奈良 公開日:2016年07月21日(木)
昨日のニュースで、この記事を見て思い出しました。 「中国の「憤青」の暴走が止まらない!ボイコットで墓穴、日本人に難癖、韓国人も「被害妄想」とあきれる始末」 フィリピンとの領土問題について、前回上海へ行った時に上海スタッフが教えてくれた中国で流行っているパロディ にした漫画を見せてくれました。↓↓内容は↓↓ フィリピンの首相の主張 「地図でみるとこの島は、明らかにフィリピンに近いのでフィリピンの領土です。」 中国の習近平の主張 「地図で見ると、ここの島(フィリピン全体)は明らかに中国に近いから中国の領土です。」 この問題をパロディった漫画は中国の若者にバカ受けしたらしいです。 いかにも中国らしい主張ですが、これに当てはめると「尖閣問題」もこの理屈になってしまいますね。 2b04ccac936e7461e0a9c3b4c75b92c2.jpg 奈良での仕事を終えてこれから横浜へ帰ります。 今日は、日頃から生産応援をして頂いている工場で、まだ私が行った事が無い所へご挨拶へ伺いました。 靴下づくりの情熱とアイデアを聞かせて頂く事が出来て大変参考になりました。 今後の商品開発に役立てたいと思います。