MENU

中国ではiPhone5? - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

中国ではiPhone5?

カテゴリ: 奈良 公開日:2011年10月06日(木)
99180019aba34deb9b7a1dcec5c49dca.jpg 中国では既にiPhone5が発売!?(以下のような記事が) 「発売開始されていないiPhone5の偽物が福建省福州市ですでに売られていたことが発覚した。 価格は300元(約3600円)で相似度90%だという。製品は広東省深セン市で製造されたと見ら れている。 福建省福州市台江区工商行政管理部門は先ごろ、市内にあるデジタル家電卸問屋街の大利 嘉城1階A1-53号の小売店舗で偽iPhone5、61台を押収した。偽iphone5は“双卡双待 (1台に2枚のSIMカードを入れられる)”“数据导航(GPS機能)”などの最新機能を備え、材質、 質感、操作性などの相似度90%でアップル社のロゴ入り、価格は300元となっていた。 店の従業員によれば偽iphone5は深センから仕入れたという。 しかし捜査員が調べたところ箱や説明書に製造者名や工場の情報がなかった。 相似度90%とはいえカメラの映像がぼやけていたり、各種機能が滑らかに作動しないなど粗悪品 だという。 福州市台江区工商局は消費者に偽iPhone5を買うことを”尽量避免(なるべく避けて)”欲しいと呼 び掛けている。300元というのは中国では普通の携帯電話だとしてもかなり安い。とりあえず持って いたらカッコいいということか、本物と信じて買うのか分からないが管理部門には「なるべく買わない」 ではなくて「絶対買ってはいけない」と強く言ってもらいたい。 またまた中国らしいニュースでした。 奈良工場でいろいろな準備が進んでいます。