MENU

社長ブログ - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory English About Us
header tel Facebook Instagram English About Us header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

GOGO MIKASA!!

カテゴリ: 上海 公開日:2022年03月23日(水)

Instagramに投稿中の郷ひろみさんと三笠ブランドの商品です。

9コマの投稿が完了すると下の写真の仕上がりになります。

gogomikasa

先ほど、上海スタッフから慌てて連絡がありました。

要件はと言うと、弊社の上海事務所のあるオフィスビルは、32階建ての高層ツインタワーになっていて、A棟とB棟に別れているのですが、突然A棟がコロナにより封鎖された!との連絡でした。

上海三笠の事務所は、B棟なのでまだ大丈夫ですが、2階が通路で繋がっているので「いつ封鎖されるかわからないから早退させて下さい」と言われました。

A棟の人は家にも帰れなくなって事務所にカンズメ状態らしいです。

可哀想なので、早く帰って良いですよと返答しました。

中国のコロナゼロ政策はいつまで続くのでしょうか?😭

旧暦の大晦日!

カテゴリ: 上海 公開日:2022年01月31日(月)

今日は、旧暦の大晦日で中国は春節の大型連休になりました。

上海スタッフから故郷へ帰るにもPCR検査が必要で大行列して検査を受け無事に故郷に戻りましたと連絡がありました。

日本から2年の間に誰も行けなくても、上海公司はなんとか継続しています。

毎月1度以上は上海へ行っていた時には、上海ばかりでもう見るところも無いしつまらないなぁ~と思っていましたが、

今は愛しく感じます。

下の写真は、2017年に上海の観光地 豫園で私が撮影したものです。

後ろの高層ビルは、120階建て632mほぼ東京スカイツリーと同じ高さの上海中心大厦です。

shanghai

明日、奈良の新工場予定地の隣で、綿花栽培のキックオフをする予定でしたが、事情がありちょっと延期になりました。

延期になっても、予定通り工場へ来たので、技術スタッフと遅れている商品開発の打ち合わせをして帰りたいと思います。

島精機のホールガーメント横編機で作成したサンプルを今日貰ったので、朝のジョギングで試し履きして納得出来る商品が出来るまで頑張ります。

日本で暮らして中国へ戻ったら浦島太郎?

カテゴリ: 上海 公開日:2022年01月07日(金)

私が時々見る中国人YouTuberのヤンチャンネルで、2022年最初にアップされたのが下の動画でした。

この楊さんは、日本に憧れ過ぎて日本に移住したみたいなのですが、つい最近2年ぶりに中国に帰って

逆カルチャーショックを受けて、自分が浦島太郎の様に思えたと言っています。

私が、日本と中国を20年以上行き来して感じた事と似ているので、是非見て下さいね。

中国をあなどれなくなりますよ。

新年明けて最初の奈良出張に来ています。

昨日、奈良の近鉄尺土駅に着いた時には、かなり雪が降っていて積もるのか?と思っていたら、直ぐに

やんで、外注をお願いしているお取引先様の方々に年始のご挨拶へ出掛けました。

そして、毎年恒例の大神神社へご祈祷をお願いしに伺ったら、見事に晴れて快晴の青空になりました。

やはり大神神社は素晴らしいパワースポットだと実感しました。

今年も、本社・物流・奈良工場・西日本営業所をご祈祷して頂き、お札を持ち帰りました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

上海へ行かれなくなってもうすぐ丸2年!

カテゴリ: 上海 公開日:2021年12月27日(月)

下の写真は、最後に中国出張した2020年1月16日に上海虹橋駅にて私が撮影した写真です。

日本では既に中国の武漢で新しいウィルス感染拡大しているとの報道で、感染拡大が懸念され始めていた時でしたが、

しかし、この時の中国では写真の様に誰もマスクをしていませんでした。

中国新幹線でも、上海地下鉄でもマスクをして歩いていたのは、私と上海スタッフと一部の日本人だけでした。

そして、この1週間後に武漢がロックダウンされたんです。

もうすぐ丸2年!まさかこんなに長期に渡って行けなくなるとは全く思っていませんでしたね。

Facebookの今日の思い出を見ると、2年前〜10年前の12月27日はずっと中国へ行っていました。

早く行けます様に🙏

hongqiao

今年の弊社の営業日も明後日までとなりました。

昨年の売り上げが大変好調でしたので、今年は昨年の売上を超えるのは厳しいと思っていましたが、なんとか本日で昨年を超える事が出来ました。

納品は30日まであるとの連絡ですので、どこまで昨年より売上を伸ばせるか楽しみです。

久しぶりに上海の話題を中心に書きました。

カテゴリ: 上海 公開日:2021年12月20日(月)

YouTubeで、「上海の日本街!覗いてみよう...」というのを見つけで観てみました。

上海に滞在中は、ほぼ毎日のように通っていた金虹橋の地下街が紹介されています。

上海三笠の事務所と私のマンションの中間に位置していて中国語を話せなくても全く問題ないエリアです。

私が、顔なじみのお店も多かったのに突然に行けなくなりましたが、これを観てまだ現在も元気に営業していたので安心しました。

来年は行けるといいなぁ〜

上海スタッフからの報告なのですが、中国へ入国後に2週間の完全隔離でその後1週間の健康観察期間があるのですが、その期間中の検査で日本から上海へ入国した日本人1名の感染が12月11日に発見されました。

完全隔離後の開放感だったのか?日本料理店やカラオケ店そしてラーメン店に立ち寄ってしまったらしく、そのお店は直ちに封鎖され、同じお店にいた人は全て濃厚接触者になってしまったそうです。

(中国は100%感染対策アプリを持っている)全ての濃厚接触者が割り出されて、濃厚接触者が居住するマンションは全てロックダウンとなってしまったらしいのです。

上海事務所周辺の古北地区のマンション数件には、ロックダウンにより人の出入りを監視をする人がいるらしく特に日本人に対する対応は厳しいと上海スタッフは言ってました。

それもYouTubeで発見!下に貼り付けました。

大変ですね。

大和高田の名産品、綿の栽培に挑戦!

カテゴリ: 上海 公開日:2021年12月16日(木)

2023年11月に完成予定の大和高田市に購入した新工場予定地の隣地にある田んぼ約1,200坪をお借り出来る事になりました。

同じ大和高田の市役所通り沿いなので、立地的にも良い場所なんです。

靴下業界でも、綿の栽培に力を入れているところも多いので、弊社としても工場を新設する前に、綿を栽培する取組みを始めたいと思いました。

大和高田市は、その昔さくらコットンが名産品で、市内には布団屋さんも多くあったそうです。

弊社では三笠コットンの栽培に挑戦してみようと思っています。

(下の写真は賃貸予定地です)

コットン 

中国の浙江省の紹興に隣接する上虞市は、5本指靴下や軍手や手袋そしてローゲージ靴下等を日本向けに輸出する産地なのですが、、、

なんとその上虞市の一部の地域が新型コロナで先週からロックダウンされてしまいました。

その為、弊社の生産委託工場も操業停止を余儀なくされています。

ロックダウンされていない工場で生産できる商品は良いのですが、対応できない商品は企画の中止をお願いしています。🙇‍♂️

紹興周辺は糸の染色工場も集積地でもあるので、応援生産をお願いできる工場は見つかっても、糸の調達が出来なくて生産できない商品も有ります。

その関係で、年末商戦を直前にし弊社のお取引先様には大変ご迷惑をおかけしています。🙇‍♂️

ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

中国の不動産バブル崩壊したら大変!

カテゴリ: 上海 公開日:2021年09月22日(水)

最近メディアで取り上げられている恒大集団の経営危機からの世界同時株安?という問題が心配です。

思い出すと、2006年に上海公司を立ち上げ当時、中国はマンション建築ラッシュでした。

私も中国でマンションを購入する事が出来れば必ず儲かる!と中国人から言われ購入を検討した事もありましたが、当時は資本金を捻出したばかりで、お金が無いし借りれなくて購入出来ませんでした。

2008年くらいの時に、上海スタッフがマンションを購入したのですが、夫婦の合算した年収300万円程度で、5〜6,000万円(中国は内装費別)を購入したと聞いて驚きました。

どう見ても返済不可能だと思うのですが、当時は簡単に銀行が貸してくれたと言ってました。

サブプライムローンと同じです。

あまりのマンション建築ラッシュで、手抜き工事も多く、2009年には上海で完成間近の13階だてマンションが倒れてしまう事件があり記憶に新しいです。

2009年に、私はこんな事を書いていました。ここをクリック!

中国には、下の動画の様に建築途中で資金が尽きてとか、共産党主導者が失脚して建築中止になっているビルも至るとこにあるんです。

日本への影響が心配されますね。

2022年1月23日〜26日にドイツのにて開催されるISPO国際スポーツ用品展示会の見学とデュッセルドルフにあるJETROさんの事務所へ行く計画中です。

本当は、来年出展をしたいところでしたが、三笠のスポーツソックスをしっかりと開発して2023年の出展を目指し準備を進める予定です。

イタリア・ギリシャ・スイス・フランス・イギリス・スペインは渡航経験があるのですが、何故かドイツは初めてなので楽しみです。

でも、帰国後の自主隔離2週間が無くならないと行けないですね。

おすすめ!両面足つぼ5本指靴下

カテゴリ: 上海 公開日:2021年08月24日(火)

楽天ショップ「靴下の三笠」の人気商品TSUBOレシピ両面足つぼ5本指ソックスを効果的に使用する方法をYouTuberで鍼灸師の佐和先生が動画を紹介してくださいました。

おうちでのリラックスタイムに是非この動画を参考にして足つぼを刺激してはいかがですか?

両面つぼ5本指靴下のご購入をご希望の方は→ここをクリック!

上海からの貨物での航空便が止まってしまい困っています。

上海三笠から急ぎのサンプルを流通王の航空便で送りましたが、通常は3日以内で到着するのになかなか届かないので、追跡したところずっと上海浦東空港で荷物が止まっていました!

上海スタッフに連絡して中国の流通王に確認してもらったところ、上海浦東空港の物流で新型コロナの感染者が5名出たらしく貨物便が止められて再開の見通しが立っていないとの事でした。

これまでは、中国へ送る荷物は、消毒等でかなり時間が掛かることも多かったのですが、中国から日本向けの荷物は比較的順調に届いていたんです。

サンプルの到着が遅れると業務に支障が出てしまうので、一日も早く解決してくれる事を願っています。

5年前のブログをふり返って!

カテゴリ: 上海 公開日:2021年08月13日(金)

自分の書いているブログで、5年前の8月をふり返って見ていて、この頃から奈良工場は大きく変わり始めたんだと感じました。

日本製丸編機の永田精機のK式Cタイプ3台とDタイプ2台の5台(下の写真)を、このブログを見た加古川のメーカーさんから買い取って頂いたと書いてありました。

そうそうブログに買いませんか?と買いたら買い手がみつかって驚いたんです。

そして、最初のイタリアのロナティ社のK式自動リンキング装置付きが5台入荷した時だったのです。

その後に現在ある編機47台は全て新品で購入したので5年以内の編機なんだと自分でも驚きました。

その間に工場の大掛かりな改装工事も3回!まさに工場が激変した5年だったんです。

nagata

最近は、海外も国内も移動する事が減って、本社のデスクにいる時間がかなり多くなりました。

年の半分くらいは、出張だったので、なんだか変化も無くブログネタにも困ってしまいます。

過去の自分のブログを見ていると、誤字脱字は多いものの今より内容が楽しいと思いました。

スマホが普及してからの中国の変貌を実際に体験し、自分自身も微信や支付宝をいち早く使い滴滴(白タクシーアプリ)やシェアサイクルも使いまくっていろいろな経験をさせて貰いました。

新型コロナで、まさかこんな長期に渡って渡航制限されるとは夢にも思っていなくて、かなり取り残されているのではと不安になってきてます。

毎月中国へ行くのが当たり前でちょっと飽きていたのに、今は早く中国へ行きたいと思うようになりました。

写真の整理をしていたら、、、!

カテゴリ: 上海 公開日:2021年05月24日(月)

iCloudにある写真を整理していたところ幻となってしまったSMAP上海公演のチケットを発見!発売前から話題となり上海で事務所を構えているので、なんとかチケットの手配を出来ないのか?と当時の上海スタッフの知り合いにお願いをしてアリーナ席の前から9列目の良い席を確保出来ていたのを思い出しました。

これでバッチリ!プレミアチケットなので、日本からのお客様にも喜んでいただけると思っていたのでした。

このチケットは2010年に行われた上海万博日中友好の目玉として開催される予定でした。

しかも「SMAP」結成以来初めての海外公演になる記念すべき公演の予定が、、、尖閣問題が発生して急遽中止になってしまったんです。

この開催予定の場所だった上海体育館にはホテルがあり、会場の中が見える部屋の予約も取れていたのです。(とても悔しかったなぁ)

悔しかったので、払い戻しする前にチケットの写真を撮っておいて良かったです。

そして、結局は翌年にSMAP中国公演は開催されたのですが、、、何故だか開催場所は上海から北京に変更にされてしまいました。

SMAP

2010年の上海万博から今日まで、あっという間に過ぎてしまったと色々と思い出し、日本が失われた10年と言われているのに対して、上海の発展は凄まじくこの間の体験は私にとって貴重な体験になりました。

月に1回以上、上海と日本を往復していて、スマホの普及からの上海の発展は日本人の中国イメージを超えていたと思います。

QRを開発したのは日本人ですが、QRを一番良く利用しているのは間違いなく中国人となりQRを利用して様々なビジネスやサービスも中国から生まれる様になり暮らしも豊かになりました。

出前館やウーバーイーツの様なサービスも上海ではかなり前から行われていましたし、日本のタクシーアプリの感じもそっくりなのでシステムは中国製だと思いました。

都市部のマナーや治安は急速に良くなり、中国人の若者は柔軟なので日本よりも素直にルールを守る様になりました。

都市部には防犯カメラだらけで、信号無視した人の顔認証で、名前と身分証番号が画面に表示されるシステムなんかも既に中心部では行われていました。

こういうのは、通常の出張や観光で行くだけでは、理解できなかったと思います。

それでも、今も日本が一番良いと思います。