MENU

突然一人っ子政策廃止 - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram header shopping230 40
English HEAD English Factory
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram English HEAD English Factory header shopping05

靴下メーカー三笠の
社長ブログBLOG

社長ブログ

突然一人っ子政策廃止

カテゴリ: 横浜 公開日:2015年11月05日(木)
先週の10月29日に上海検品工場の朱社長と夕食をしていると、朱社長がスマホを見て「大変です一人っ子政策が 突然廃止になりました。」と興奮ながら言いました。 中国人にとって30年以上続いてきた政策の突然の廃止は驚きが強かったみたいです。 まあ地域や条件で少しづつ緩和されてはきていましたが廃止にするとは・・・ 30年以上の一人っ子政策の影響で、男女のバランスが崩れて男性が多くなっている中国は一人っ子政策廃止により どうなるのでしょうか? ↓以下は私の感想というか予想です。↓ 今迄も、富裕層の家庭では子供に兄弟が欲しい場合は罰金払っても2人目を生んでいた人も多いので、そういう人には 罰金が無くなるメリットは有りますね。 自宅に家政婦さんがいるような富裕族の家庭には2人兄弟が多くなって、更に貧富の差が生まれる様にも思えます。 でも、中間層以下では、子供1人でもお金が掛かるので、物価も高いし欲しくても2人目を生めないのではと思います。 だから、今更一人っ子政策を廃止にしたところで、急に子供が増えるという事にはならないと思います。 中間層の家庭でも日本とは違い中国はほぼ共働きで、手の掛かる子供の面倒は日中は両親に任せ学校の送り迎えも 任せている人が殆んどな状況です。 そんな多くの中間層の人達は、旅行やレジャーを楽しむ人が増えそれにお金が掛かるので、2人目は生まないと思います。 結果的にあんまり変わらない様な気がします。 b0daf3656d7a34d0904d064451d405b1.jpg 押せばツボにハマル靴下が大好評のなので、押せばツボにハマル手袋の取扱いも始めました。 この手袋本体の生産は中国で行い日本へ輸入後に手のつぼプリントは奈良県の工場で行います。 商品に応じて生産を日本もしくは中国で判断しサンプルを確認して頂いた後で品質と価格を納得いただいてから生産 開始となります。 手袋のOEM生産をお考えの方は是非三笠へお問合せ下さい。 商品についてのお問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html