MENU

物流センター紹介 - 靴下・ソックス・ストッキングの製造販売 株式会社 三笠

header logo

フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00

Facebook Instagram お買いもの
フリーダイヤル ナオクツシタ 0120-709240 月曜~金曜(祝祭日を除く)午前9:00~午後5:00 Facebook Instagram お買いもの

物流センター紹介LOGISTICS

物流センター紹介

国内外で製造された商品の左右のペアリング、穴あきやほつれなどをスタッフの目で手でひとつひとつ丁寧に確認しながら梱包やラベリング、検針等商品を出荷する直前の最終チェックをしています。

 

検針器を2台設置し国内でも厳重な検品検針体制を確立しました。

 

 

工場設備

効率よく、正確に。独自の流通プログラムを開発し、作業工程全体を円滑にすることで正確で素早い流通システムを実現しています。

工場設備

商品をお届けする前の最後の検品作業は人の手で行います。機械を使用した検品はもちろんですが、機械だけに任せるのではなく、お客様の安全と安心を守るために、最後の最後まで丁寧に行っています。

物流センター風景

※タップ二回で画像が切り替わります。

オンラインで画像ギャラリーを見る:
http://kk-mikasa.co.jp/logistics/center.html#sigProId84ee88dbf4

ごあいさつ

2008年物流センター立ち上げから、ISO9001認定獲得に伴い、作業意識が大きく変化致しました。ISO9001を取得後、スタッフの仕事の対する意欲が大幅にアップいたしました。

今ある物流センターは、全員が同じ意識の中で培ってきた、「意欲の結集」のたまものです。全てがお客様の発注依頼にお応えする為「在庫管理の徹底」「社員教育の実施」を行い、出荷体系におおじて速やかに対応できる体制作り整え、当日の出荷数、人員数をふまえた物流センターの作業能力を把握して、正しい指示を「シンプルに解りやすく」現場に伝え、信頼して頂ける物流センターとなる様スタッフ一同努力しています。
又、物流センターでは、作業をするうえで職場環境を整える事を重要と意識付けています。
一つは、在庫管理を「商品の見える化」に致しました。その結果、品出しの時間が大幅に短縮することが出来、効率アップに繋がりました。
二つ目は、「意見の言える職場」「目標の持てる職場」に取り組み、働く意欲を失わないストレスの少ない環境作りを目指しスタッフ全員が各工程を責任のある仕事と受け止め、お客様にお届けする商品管理にも大いに生かされています。
これからもお客様目線を軸として、いつも明るい雰囲気の中意見の言える職場作りに努めてまいります。

 

 

 

物流センター主任挨拶 上原 友子

 

 物流センター主任 上原 友子